Googleって便利なサービスがいっぱい…。でもよく分からなくて使えてないサービスもいっぱい…。
Google AdsenseとGoogle Adwordsもそのうちの一つ。この2つについて私が調べてきた事をまとめてみました。

Google Adsense? Google Adwords?

 
Google Adsense(以下アドセンス)とGoogle Adwords(以下アドワーズ)の違いや使い方がよく分からなくて公式サイトや2つの違いを説明してくれているいろいろなサイトを見てはみたものの、理解するのは大変(´_`。)
特に公式サイト見てると見るページは多いわ、分からない単語は多いわで頭痛くなってきます・・・。
そんな中でも今現在私が理解できている(であろう)事を、ここでまとめてみたいと思います♪
 

まずは・・・アドセンス、アドワーズの「超」大まかな概要

アドセンス →もっと詳しくアドワーズ →もっと詳しく
共通項目・Googleが提供しているサービス
・「Ad」とは「広告の」という意味の形容詞
開始年2003年2000年
誰に対する
サービス?
広告による報酬を得たい人自社製品を宣伝したい人
サービス内容自分のサイトに広告を載せ、
その広告がクリックされると
報酬が支払われる
検索サイトなどに自社製品の
広告を出す
つ・ま・り広告の入稿サービス広告の出稿サービス
広告掲載場所WEBサイト、ブログなど・検索サイト
・WEBサイト、ブログなど
広告タイプ・検索連動型広告
・コンテンツ連動型広告
・検索連動型広告
・コンテンツ連動型広告
お金の流れアドセンス→サイト所有者広告主→アドワーズ
諸経費なし広告費用
収益クリック数による報酬なし
利用条件サイト所有
報酬受取人は18歳以上
多数
Googleの審査ありあり
Yahoo!での
似てるサービス
アドパートナー
(2013年9月30日で
     サービス終了)
Yahoo!プロモーション広告
 ・スポンサードサーチ
  →検索連動型広告
 ・Yahoo!ディスプレイアンドネットワーク (YDN)
  →コンテンツ連動型広告
楽天での
似てるサービス
なし
インフォシーク

 
とまあ、かなりざっくりとした概要をまとめてみました。それぞれについてもうちょっと詳しい内容を知りたい方は表にある「→もっと詳しく」をクリックしてみてください。
 
 

インターネット広告の分類

 
このようにアドセンスは広告の入稿サービス、アドワーズは広告の出稿サービスということになりますね。
インターネット広告にはいろいろな種類があります。
「配信方法」「課金方法」「広告形状」によって分類してみました。
 

【配信方法による分類】

検索連動型広告 「PPC広告」「リスティング広告」とも言われています。
検索エンジンで検索したキーワードに関連した広告を、テキスト形式で検索結果画面に表示した広告。
コンテンツ連動型広告 検索エンジンサイト以外にもWEBサイトやブログなどで、そのサイトのコンテンツにマッチした広告を掲載する方法。
行動ターゲティング広告 インターネットユーザーが過去に閲覧したページを参考に、関連性の高い広告を掲載する方法。
デモグラフィック
ターゲティング広告
「年齢」や「性別」などの個人の属性情報でターゲットを絞り、そのターゲットにマッチしたユーザーだけに広告を掲載する方法。
位置連動型広告 携帯電話やスマートフォンでの現在地に連動した広告を掲載する方法。

この分類方法でいくとアドセンスもアドワーズも主に「検索連動型広告」「コンテンツ連動型広告」というタイプの広告になります。

 

【課金方法による分類】

クリック報酬型広告 広告をクリックした回数に応じた課金方法。
アクション報酬型広告 アフィリエイトによる、実際に成約に至った件数に応じた課金方法。
インプレッション報酬型広告 広告の表示回数に応じた課金方法。
期間保証型広告 特定ページへの掲載期間を保証した課金方法。

アドセンスもアドワーズな主な広告タイプである「検索連動型広告」「コンテンツ連動型広告」の課金方法は共に「クリック報酬型広告」です。

 

【広告形状による分類】

バナー広告 画像を使った広告。
テキスト広告 文字だけで構成される広告。
メール広告 ダイレクトメールの電子メール版。メールマガジンなど。
タイアップ広告 複数の広告主が相乗効果を得るために共同で出す広告。
リッチメディア広告 フローティング広告 バナー広告の一種。webページの上に浮かぶように、他のコンテンツの上に重なって表示される広告。
エキスパンド広告 フローティング広告の一種。広告の上にマウスをのせた時にバナーが拡大表示される仕掛けをもった広告。
動画広告 映像による広告。
インターネットCM テレビCMのように決まった時間軸で展開される、映像や音声による広告。

アドセンスもアドワーズも「テキスト広告」「バナー広告」「動画広告」が主ですが他にも「リスト広告」など様々な形態の広告が可能です。
 

そもそも・・・

 
私がこの2つをもっと理解したいと思ったきっかけ話を少しばかり…。
それは2年ほど前に、なんとな〜くとったビデオ映像をYouTubeに投稿するようになったことです。
たいしておもしろい動画ではないので再生回数も微々たるもの…。しかしそのうちの一つの動画の再生回数が爆発的に増えたんです。(非常に退屈な動画ですが) 多分、他の誰かの人気動画の関連動画として表示されたのがきっかけなんでしょうね。
YouTubeからどうやって収入を得るのかよくわかりませんでしたが、アドセンスによる広告だったことを知りました。毎日、YouTubeのアナリティクス(アクセス解析機能)をチェックしているとアクセスが急に増えているのがグラフでわかるので毎日みたくなっちゃいますね。
アドワーズは自分で出稿するキーワード型広告、アドセンスはクリックされることで収入が発生するクリック型広告だということも知りました。 ネットショップをやりたいと思っていたのでショッピングカート 比較で検索して調べたりしていましたのでアドワーズのことは知っていました。 で、この後は記憶が定かではないんですが、YouTubeか?Googleか?ら「人気の動画に広告を載せませんか?」という案内がきたんです。どちらからの連絡かは覚えていませんが、YouTubeはGoogleに買収されていますよね。ですのでどちらにしても新たにアカウントなどを作る必要もなく、こちらとしては「はい」という返事と、広告の報酬金を振り込む口座を登録しただけでした。
今ではクリック一つで他の動画にも広告を載せる登録をし、まあ月に数千円ですが振り込まれるようになったんです。後から気づいたことですが、それらを管理しているのが「Google Adsense」だったというわけです。Google Adsenseについて調べ始めて初めて「Google Adwords」という言葉を知り、これについても理解したくなってきたということなんです。
これらの事で思ったことが、「何事にもアンテナを張って興味を持つことが大切」「知ってると得、知らないと損」ということでした。

参考までに、ネットショップをはじめるにあたって参考にした動画があるので貼っておきます。

YouTubeがこんなに多くの人が利用するようになるメディアだとは最初思っていませんでしたが、スマホの普及で急激に伸びた気もします。やっぱり動画は便利ですよね!