Google AdwordsはGoogleが提供する、「広告の出稿サービス」です。
自社や自社商品などを検索サイトなどに出稿することができます。

Google Adwordsについてもっと詳しく

 
Google Adwords(以下アドワーズ)は私にとってまだ未知の世界。でもでもGoogle Adsenseを利用している私にとって無関係ではないものなので、ちょっと調べたことをまとめてみました。
 

アドワーズとは・・・

「自社製品などの広告を検索サイトなどに載せられます。
 広告がクリックされた分だけ広告費を支払います。 」 

 

アドセンスを利用するために必要なもの

1:Google アカウント

      既に持っていれば新たに作る必要はありません。
      YouTubeで動画を投稿している方はそのアカウントでもOKです。
      アドワーズ専用のアカウントを新たに作ってもいいかもしれませんね。

2:住所・請求先

      請求先は「クレジットカード」「コンビニ払い」「銀行振込」から選べます。

3:広告

      「テキスト広告」「バナー広告」「動画広告」が主ですが他にもいろいろなタイプがあるようです。
      どの広告形態でも広告の「タイトル」と「説明文」と「キーワード」が必要です。
      特にどんなキーワードをつけるかによって広告掲載に大きく影響してくるので
      「キーワード選定力」が重要になってきます。

4:広告予算

      1日の予算、1クリックの単価、広告掲載期間を設定することができます。
      「クリック×クリック単価」分を支払うことになります。
      その他の諸経費や、最低契約期間などはありません。
 

アドワーズ広告の種類

「アドセンスで利用される広告」ということになりますのでアドセンス広告の主なものである「検索連動型広告」「コンテンツ連動型広告」ということになります。
 

入札制

広告とキーワードが用意できても、同じようなキーワードを用意している人もたくさんいます。
自分の広告掲載には、クリックの単価や広告の質やクリックスルー率(CTR 広告表示に対してクリックされる割合)などで広告掲載の順位が決まるようです。
 

提携パートナー

アドワーズにははアドセンスが管理しているサイト以外にも広告を掲載してくれる「提携パートナー」がいます。
それは楽天の「インフォシーク」、「ASK.jp」、「@nifty」、「goo」などです。
 

まとめ

アドワーズはアドセンス同様、固定費や最低契約期間もなしの「ノーリスク」で利用できます。
クリック単価なども自分で決められるので多額の広告費に悩まされることもありませんが、入札制なのであまり人気のキーワードや安いクリック単価だと広告が掲載されにくいかと思います。
そのへんの駆け引き(?)が面白いところかもしれませんね。
しかしなんと言っても信頼と莫大なユーザー数を誇る「Googleさま」に自社の製品の広告が載せられたら、そりゃ費用対効果の高い広告だといえると思います。